マグネティック・ライティング

マグネティック・ライティング〜伝わる文章を書いてあなたのビジネスに人が集まる方法!〜

コピーライティングを身につけて人に伝わる文章を書き、収入につなげたい人は他にいませんか?コピーライティング+ダイレクトレスポンスマーケティングの使い方を知らないと、あなたのビジネスは一向に稼げません。 あなたの商品を販売する上で最強の集客とセールス方法を基礎から無料でお伝えします。

呼び込みにも使えるコピーテクニック

カレーの激戦区として名高い、神田神保町。
毎年カレーグランプリを開催していて、
各店舗しのぎを削りながら、
日々クオリティの高いカレーを提供しています。
 
そんな神保町から少し離れたJR神田駅周辺も、
カレーを売りにしている店舗が多数あります。
 
先日お昼どきに神田駅降りて、
商店街を歩いていたら・・・
 

「カレー屋です!」だからなんだよ!

 
「カレー屋です!よろしくお願いします!」
 
と大きな声で、
呼び込みをしている女性が立っていました。
 

f:id:yoshi_shimizu:20180906183317j:plain

 
 
一瞬、
 
(カレー屋かぁ〜)
 
と思ったのですが、
次の瞬間アタマの中が「?」になってしまいました。
 
 
周りを見渡してみると、
残念ながらそのお店に入っていくお客さんは見当たらず、
足を止める人もいませんでした。
 
 
なぜお腹を空かせたサラリーマンやOLは、
そのお店をスルーしたのでしょうか?
 
 

その呼び込みは、お客のアタマの中に入っているか?

 
カレーは種類やテイストが多岐にわたります。
そのため、このお店がどんなカレーを提供しているのか、
さっぱり分かりませんでした。
 
お客さんは
お腹が満たせればなんでも良いわけではありません。
 
サラリーマンは
僅かなランチタイムに食事を通して
 
・仕事のことを忘れたい、
・空腹を満たして幸せを感じたい、
・リラックスしたい
・午後の英気を養いたい
 
などを無意識に抱いています。
 
 
このカレー屋さんは、
このようなお客さんのニーズを満たしてあげれば
入店待ちになってでも入りたいお店になるのではないでしょうか。
 
ですが、
 
「カレー屋です!よろしくお願いします!」
 
だけでは、
お客さんが自分の手に入れたい欲求を
手に入れることができるのかが分かりません。
 
 
例えば、
 
「当店は30時間じっくり煮込んだカレーを提供しています。
トロッとして口当たりが最高です!
 
厳選したスパイスをたくさん使っているので、
香りが豊かでコクがあり、食べたあとに幸せを感じるカレーです!」
 
「当店のカレーは、豊富なスパイスで疲労回復、
午後のお仕事へのエナジーチャージが期待できます。
 
店内はJazzが流れ、ゆっくりとした時間の流れを感じ、
短い時間でもリラックスしておくつろぎできます! 」
 
と呼び込みしていたらどうでしょうか?
 
 
一瞬でお客さんの頭の中に
”30時間じっくり煮込んだ香り豊かなカレー”
イメージすることができたのではないでしょうか?
 
そしてザワザワした店内で食べるのではなく、
ゆっくり静かに自分の時間を取れる空間
イメージできたのではないでしょうか?
 
 
顧客のアタマの中に入り、
お客さんが手に入れたい結果を刺激することが、
売上げアップにつながりますよ。
 
 
PS.
結局私は、別のお店でドライカレーランチをいただきました。
ルーも自分好みの味で、上に乗ったプルプルの卵との相性がバツグンでした!
 
 

f:id:yoshi_shimizu:20180906183043j:plain